避妊薬としてピルがあります。
ピルは飲むことによって妊娠をしている状態に近くすることができ排卵を抑制するために、避妊の効果を高めることができます。
また、他にも着床を抑制したり、子宮内に精子が流入するのを防ぐ効果もあり、避妊以外においても、月経に伴うトラブルの改善や月経痛や月経量の軽減、月経不順や貧血などの軽減を目的として使用される場合もあります。

ピルは、現在においては低用量ピルがほとんどとなっており、購入をする場合には、医療施設内で処方をしてもらうか、処方箋を持って薬局で入手をするか、また、個人輸入によって入手をするかの3つの方法でピルが購入可能となっています。
トリキュラーという低用量ピルは病院でもよく処方されますが、個人輸入でも手に入れることができるため女性のシェア率が非常に高いピルです。
トリキュラーを通販で買う方法で検索をすると、多数のページがヒットします。
基本的にピルは薬局では販売されておらず、通常は、医療施設を経由するか個人輸入を利用することになり、医療施設を利用したとしても健康保険証は使えないことになりなす。
その理由は避妊薬を用いることは病気の治療には当てはまらないからです。
健康保険証が適用されるのは病気の治療を目的とした場合のみとなっており、その場合においては、小学校入学前においては2割の負担、入学以後から70歳未満までは3割の負担、また、70歳以上においては2割の負担と定められた内容を利用することができることになります。

ビルは健康保険証が使えないことになっていますが、エストロゲン量を20μgに抑えたタイプや低用量EP配合薬の2つの種類に限っては保険証を使える場合があります。
但し、条件としては、医療機関の診察において月経困難症という病名が付く必要があります。
月経困難症とは、月経時の症状のうち、日常生活にも支障が生じるほどのものをいい、治療が必要なほどの症状を指しますが、この場合には避妊薬としてのピルを、医療機関か、または薬局に処方箋を持参することにより、保険適用された金額で入手をすることができます。